茹でがえる、生き返る

2017年09月15日

老人介護業界の人手不足と外国人も受け入れ

もう、テレビや新聞などのメディアでも取り挙げられているように、老人介護業界の現場では、人手不足に陥っているそうです。

介護業界というのは、いわゆる3Kの職場として知られていて、更に、給料も安いので、就職しても、なかなか続かないのだそうです。

そこで注目されているのが、フィリピンやインドネシアなどの看護師さん達です。

もう既に、彼女らが介護の現場で働いているというニュースも見かけます。

私が思うには、外国人の労働者を移民として受け入れて雇うよりは、まずは、給料をアップして職場改善してあげれば、日本人でも介護の仕事を続けるのだと思うのですが、どう思われますか?

外国人技能実習制度などの移民政策は、最終的には、私たち日本人の賃金の伸びも抑えてしまう結果になる恐れがあります。

つまり、外国人移民の給料の方が安いので、日本人の給料も、そちらに合わせる方向に産業界が動くに決まっていると思うのです。

これって、かなり問題があると思いますね~。
  
タグ :老人介護


Posted by スズメ at 10:34社会問題

2017年09月15日

こどもバナナ青汁の飲み方について

子供たちの健康ためにできたのが、
こどもバナナ青汁です。

そのまま水に溶かして飲んでも
バナナフレイバーでとても美味しいです。

でも、その味に飽きてきたならば、
ちょっと一工夫してみるのもアリですね。

例えば、ミルクに溶かして飲んでみて下さい。

まさに、バナナオーレ風味の青汁が出来上がります。

<子供青汁ご紹介>
子供たちもスクスク!こどもバナナ青汁

そもそも、こどもバナナ青汁は
成長期の子供たちのために開発されている青汁なので、
栄養満点です。

ですので、もちろん大人でも美味しく飲めることができますし、
栄養補給という観点でも素晴らしいのです。

ご家族全員で飲むのも良いと思います。
  


Posted by スズメ at 10:33健康ライフ

2016年07月14日

長寿遺伝子について

日本人は、女性も男性も
長寿だということが良く知られています。


今では、長寿に関する研究も盛んです。


その中の一つに、
長寿遺伝子と呼ばれるものがあります。


長寿出来ている人は、
長寿遺伝子のスイッチが入っているんだそうです。


そして、長寿遺伝子のスイッチを入れるには、食生活が重要!ビックリ


長寿遺伝子は、普段は眠っているのだそうですが、
「食事のカロリーを減らす」ことによって
長寿遺伝子のスイッチがオンされるのです。


長寿遺伝子が働き始めると、
細胞の老化を防ごうとして、細胞は活性化します。


一番、最適な食事の量と言うのは「腹七分」なんだそうです。


むかし、日本では、「腹八分」が良い・・・と言われていましたが、
更に、「腹七分」だと長寿にあんるということです。


長寿に興味がある方は、もっと調べてみてください。face02

  
タグ :長寿遺伝子


Posted by スズメ at 15:44健康ライフ